チェストー!!!

 お疲れ様です。

 インフルエンザの感染地域が益々拡大しております。
ちまたでは、消毒液での手洗い予防を推進しているようですが、私も自分なりに濃度の高いアルコールで体内を消毒し感染予防を日々おこなっております。皆様、くれぐれも御注意下さい!

 さて、本日は正道富山・福野本部道場の大西輝(おおにしひかる)4級をを御紹介します。

輝

 輝が正道富山に入門したのは学生部、中学2年の頃でした。月日が経つのは早いもので、今では社会人となり、一般部として稽古に励んでおります。そして二十歳の成人を迎えましたので、一緒にお酒を酌み交わす事も出来る様になりました。本当に感慨深いものがあります。(輝と同じく、私もそれだけ年を取っているのです。自分で自分の顔や姿が見えないって事はある意味幸せな事です!)

 そんな輝は入門当初から非常に体が堅く、ブリキのおもちゃのようにカクカク?動いていたのですが、
「努力に勝る才能無し」
今では腰以上高く蹴れなかった蹴り技も上段(顔の高さ)まで蹴れる様になり、更に速さも加わりました。堅さもここまで鍛錬されれば、一つの武器であり長所と言えるでしょう。そして輝には絶えず全力でぶつかる闘志、そして気合いがあります。

 中川先生から、よく
「仏作って魂入れず」とお言葉を頂きます。

 どんなに見栄えが良い仏様を彫っても、作り手が心を込めて作らなければ、只の作り物です。無骨でも心を込めて彫られた仏様は、視覚にとらわれず心に問いかけてくる事でしょう。

 11月8日(日)。
 昇級審査会で輝は青帯(3級)昇級のため、いつも以上に全力で魂をぶつける事でしょう!


          陰ながら?期待し、応援ています!・・・でも応援出来ない審査員の山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

おかえり!

お疲れ様です。

 とうとう正道富山の門下生にもインフルエンザに感染し、休む子供達が出てきました。
先ずは病は気から。「押忍」の一声!ウイルスなんか吹き飛ばしてしまいましょう。

 さて本日、御紹介しますのは正道富山・富山支部道場の
元井天斗(もといたかと)5級 です。

天斗

 天斗は小学生の時から正道空手を学び、少年部の黒帯を取得しました。中学に進学すると勉強や部活動に専念する為、一度空手の道を閉ざしたのですが、高校に進学し、経験を得て、再び正道富山に戻って来たのです。(本当に嬉しい限りです!)

 体力や持久力は少なからず落ちていますが、肝心の技、そして気持ちは少年部、黒帯のままでした。体で覚えた事はそう簡単に忘れる事はありませんでした。天斗が身を以て証明してくれたのです!

 一度、手に入れた実績(少年部の黒帯)は失いました。しかしそれを恐れず、再び一から(白帯)から学ぶ姿勢は私達大人でも、なかなか真似出来るものではありません。天斗は過去の栄光にすがる事無く、今を前向きに走り続けているのです!一回り大きくなって帰って来た天斗の成長がますます楽しみです。

 石井宗師も見守って下さっていますよ!



 魚のサケは川で生をうけ(放流され)、そして、その川を流れ下って海を志します。そして大海の荒波に揉まれながらも確実に成長していくのです。そして4年後、子孫繁栄の為に再び生まれ育った川を目指し、命がけで逆昇るのです。サケの原点は故郷の川であり、そしてこの川こそ生命を育む源なのです。

 正道富山も、こんな清よらかな川でありたいと思います。


                   サケ、いいですね。今日もほろ酔い!?・・・山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

「シェリー俺は歌う、愛すべき者全てに」by尾崎豊

 お疲れ様です。

本日は正道富山・高岡、新湊道場の菓子井 康雄(かしいやすお)4級を御紹介します。
康雄さん

 康雄さんは高岡駅前にある「くつろぎダイニングAZITO」のオーナーです。よって殺し屋ではありませんので御安心下さい。(見た目で判断してはいけません!)

 康雄さんのお店にはいろんな種類のお酒がおいてありますが、特に私がお勧めしますのは「シェリー酒」(スペイン産)です。
 始めて飲んだ印象は健康酒の「養命酒」で正直おいしいとは思いませんでした。しかし徐々に味が解ってくると病みつきになっていったのです。

 お店にはアモンティリャードとオロロソの2種類のシェリー酒がおいてあり、後者の方が一癖あります。そして、どちらもハモンセラーノ(スペインの生ハム)との相性は抜群!まるで空手着に草履・・・それくらい合っているのです。(例えが適切でない?)

 そして小腹が空いた方には「飛騨牛ほほ肉の柔らか煮込み」はいかがでしょうか?
あまりの肉の柔らかさに差し歯の私も安心して食べられます!勿論、味に関しても納得のいくおいしさです。

 更にAZITOの店長は下の画像の様にイケメンなのです。(道向いに「石焼きダイニングAZITO」がありますがこちらもイケメン揃い!)

アジトのマスター中野くん 

 是非「アジト」で、おいしい食事とお酒を味わいながら、楽しいひとときをお過ごし下さい!

 場所:高岡市新横町1041上田ビル2F、3F 「くつろぎダイニングAZITO」
 電話:0766-73-9776

                                           
                                   
                                「シェリー俺は飲んじゃう」・・・山田より


 


 



テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

要!

お疲れ様です。

 インフルエンザが日増しに猛威をふるって参りました。とうとう学級閉鎖になった小学校がいくつか出てきたと聞いています。皆様もどうぞ御注意下さい。

 さて、本日御紹介しますのは正道富山・福野本部道場の指導員
上坂 始(うえさか はじめ)1級です。
始くん
 
 始くんは足場を組む仮設工事の重労働で鍛えられた肉体と元々の根性でメキメキ実力をつけ、そして昇級していきました。勿論、彼の人並みならぬ努力があってこそです。

 みなさんの周りに、誰か一人が加わるとその集まり全体の雰囲気がガラリと変わる、そんな方がいらっしゃる事と思います。
 始くんも良い意味でそんな存在です。彼が稽古に加わると(天気の良い日はバイクの爆音と共にやって来ます。それだけでも道場の空気が・・・!?)緊張感が漂います。そして彼の気迫につられ、皆の気合いも一段と上昇するのです。

 そんな始くんも本日はちょっぴり控えめでした。稽古中、ギックリ腰になってしまったのです。(腰痛持ちの方は私を含め何人もおられます。決して人ごとではありません!)
 よってこの画像もいつもよりオーラが出ていません。

 「百聞は一見にしかず」是非、迫り来る爆音を耳にして、「男!上坂始」の気迫を体感して下さい。そして皆で良い汗を流しましょう。

           インフルエンザも怖いですが、ギックリ腰も身近に迫っている・・・山田より



 

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昇級・昇段審査会

お疲れ様です。

 いよいよ11月8日(日)、本年度最後の昇級昇段審査会が近づいてまいりました。
正道富山では年3回、審査会が行われます。場所は福野本部道場にて、9時20分までに集合、昼過ぎには解散予定です。受験される方はくれぐれも遅刻の無い様に集合して下さい。
 また、審査前集合写真をケーブルテレビとなみの番組案内、「チャンネルガイド」に記載(来年度3月号)される事になっています。
 その撮影もありますので、重ねて時間厳守でお願いします。


  今回の審査では、残念ながら一般部の昇段受験者(黒帯を目指す方)はいませんが、少年部では何人か受験する予定です。

 昇段審査では、基本、型、一本組手審査の他、最大の難関「五人連続組手」が待っています。
 それは、茶帯(1級)の受験者に対し黒帯(初段)5人が入れ替わって連続で戦うのです。自分より強い相手と連続で戦いますので、受験者の恐怖心と緊張感は計り知れません!
それらの感情に押しつぶされる事無く疲労と苦痛に耐え、戦い続けなければなりません。最後に体力審査が待っており、昇段審査はまさしく「苦行」なのです。

 この「苦行」を乗り越え、達成した者だけが黒帯を締められるのですから、その名誉と誇りは計り知れません。その光景を見ている私達でさえ感動と勇気をもらいます。

福野本部道場

 11月8日(日)、この正道会館富山県本部、福野道場でどんな物語が起こるのでしょうか?受験者の健闘を期待しています。

                                          支部長代行、山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

いつき!ひろし?

 お疲れ様です。
朝晩が大変冷え込むようになり、暖房器具が恋しい季節となりました。季節の変わり目は特にお身体を御自愛下さいませ。

 さて本日は正道富山・富山支部道場の前里樹(まえさといつき)3級を御紹介します。
 このポカンと構えている姿は大変樹らしい画像です。気を消している!?のかな。

樹

 そんな樹ですが、入門当初は集中力が無く、あまり話を聞けませんでした。その事で注意を受けると涙を浮かべ、反省している様子なのですが、しばらくすればまたぼんやり。なかなか前に進まない子だったのです。

 しかし彼にも転機が訪れました。妹の美玖が入会したのです。
それによって、兄としての存在意識が高まりました。決して妹に追いつかれる訳にはいきません。兄である以上、絶えず彼女の前を付き進み、そして道しるべとなる様、自覚しはじめたのです!
 
 そして注意される数も徐々に減っていきました。稽古に対する向上心が生まれてきたからです。今では技の説明等、一語一句逃さないよう集中して(ちょっと褒めすぎ!?)臨んでいます。
 
 先月行われました北信越大会に、自己の成長を試すべく出場したのですが、大会に至るまでの努力も含め本当によく頑張ったと思います。そして、いつも見守って下さる親御さんの熱い思いが、彼を成長させているのでしょう。

 名前の「樹」の如く、彼は大地に「我慢強さ、折れない心」という根をのばし始めました。親御さんの「愛情」という日差しを浴びてどんどん幹を伸ばし、そして枝葉を広げ「成長」していく事でしょう。
 是非真っ直ぐ健やかに育っていってね。(卒業式ではありません!?)


        でもたまに見せるポカンの表情は大好きです。(稽古中は止めてね!)山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

母さんが~夜なべをして~!

 お疲れ様です。

 先日、久しぶりに仕事のかたわらミットを補修する時間が取れました。

 画像の様に糸が切れて大きく開いてしまっているのですが、正道富山16年の歴史と共に歩んできた大事な物です。みんなが更なる強さを追い求めひたすら叩き、そして蹴り込んだ、それぞれの思いが詰まったミットなのです。ですから、そう簡単に捨てる訳にはいきません。
 
ミット直し

 と言いつつも、全く裁縫が出来なかった私でしたが、門下生の方に教わって(道場では生の声で様々な情報交換が出来るのです。本当に貴重な空間だと思います。)、なんとかミットを縫える様になりました。
 黒ミットは下手な裁縫でも縫い目が目立たないので安心です。しかし黄色ミットだと・・・皆さんミット稽古に専念しましょう!



 下の画像は補修完了間際の様子です。あまりの堅さに針が負け、曲がってしまいました。

ミット直し後

 そういえば「針供養」をしている神社があるそうです。
針供養は、日頃使っている針をおそなえし、この日だけはその針を休めて感謝の気持ちを表し、縫裁の上達を祈ります。そして、痛んだ針を供養し感謝の祈りを捧げるそうです。

 私の針は曲がってしまい、糸を通す事が出来なくなりました。しかし、そのお陰でミットは再び使える様になりました。

 古来より、こんな小さな針でさえ感謝の気持ちを忘れず、そして供養をしておられたのです。
 なんて日本人は奥ゆかしいのでしょう!この素敵な心を絶やさぬ様、みんなで受け継いでいきたいものです。

                               日本人に生まれて来て良かった!山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク