二月、如月!

お疲れ様です。

早いもので一月も今日で終わり、明日から二月になります。
二月は28日まで(うるう年は29日ですが)しかありませんので、気が付けば三月に・・・なんて事になりそうです。なんとか時間に追われる事の無いように、心のゆとりを持って生活したいものです。


さて本日は正道富山、高岡・新湊道場の
真藤雅弘(しんどうまさひろ)四級を御紹介します。

CIMG0208.jpg

雅弘さんは現職の警察官であります。
仕事柄トラブルに巻き込まれる可能性が高いゆえに、正道空手でさらに心身を練磨されておられます。
そして二人の子供達も共に学んでおり、親の背中を見せるが如く一緒に汗を流しておられるのです。
「庸治(のぶはる)、なつみ(お子さんの名です)、一所懸命に稽古しないと逮捕されるよ!」

国民の財産、そして生命を守る日本男児、雅弘さんでした。


         
           ・・・追われるのは時間だけにしなくては!?山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

まるかぶり!

お疲れ様です。

最近、2月3日の節分には「まるかぶり寿司(恵方巻、えほうまき)を」と盛んに宣伝されておりますが、私が子供の時分には、こんな風習はありませんでした。

もともと近畿地方の風習で「まるかぶり寿司、恵方巻」を節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりするのが習わしとされているそうです。
う~ん!?なんだか想像するだけで胸が詰まりそうです!


さて本日は正道富山・小矢部支部道場の
開田壮哉(さきたそうや)六級を御紹介します。

CIMG0206.jpg

入門当初の壮哉は声が小さく大変おとなしい子でした。(家ではそうでも無いそうですが・・・)

お腹から大きい声を出す事は、大変重要です。
声を出す事によって、自然と腹式呼吸が身に付き、士気が高まる事によって皆との協調性が強まり、そして自分の意思を声や気迫で表現する事を覚えます。

そんな壮哉も橙帯に昇級し、積極的に稽古をする様になりました。(稽古前の鬼ごっこはもっと積極的です!?)みんなの前でも少しずつ、大きい声を出せる様になってきたのです。

「先ず勇気を持って物事にあたり、その努力がきっと結果以上に自分の財産となるはずです。」

ただいま彼は紫帯という新たな目標に向かって、邁進中です。
願いを込めてのまるかぶりも悪くは無いですが、自力本願!!壮哉の様に先ずは汗を流し、努力する事が尊いのです。

帯は与えられる物で無く、勝ち取る物。「掴め、紫帯!!」


・・・節分に恵方巻がノドに詰まっても大丈夫!ビールの準備は怠らない豆な山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

運転に御注意!

お疲れ様です。


本日は良い天気に恵まれ、我が故郷、富山県の象徴!立山連峰がくっきりと見えました。
青空を背景に、雪化粧した山々はまさに絶景の一語に尽きます。
雪の白さと対照的に写る山影はより山々の輪郭を際立せるのです。この険しく、そして雄大な立山にきっと誰もが心を奪われる事でしょう。
しかし、運転中のわき見は大変危険です。くれぐれもご注意下さい。


さて、本日は正道会館・富山コムズ道場の
上山本裕佑(かみやまもとゆうすけ)三級を御紹介します。
CIMG0187.jpg
入会当初の裕佑は、モジモジして声も小さく、時には上手くいかない事があると泣いてしまう子でした。

そんな彼も今では六年生です。この春には中学生に進学するのです。
高学年になると学校の授業が長くなる為、稽古の開始時間(コムズ道場は16時30分に始まります)に遅れる子も出てくるのですが、彼は休む事無く、そして遅刻する事もほとんど無く稽古で汗を流しているのです。

決して動きが良いとは言えない裕佑ですが、御家族のご理解もあり、続けるという才能は開花してきたようです。
少年部の黒帯取得は成し得ませんでしたが、彼はコムズ道場の最高学年として、誇りと責任を全うし、自己の向上の為に今も変わらず稽古に励んでいます。

「ウサギとカメ」、カメでも構いません。「継続は力なり」確実に一歩一歩、前進しているのだから。
続ける事の大切さを学んだ裕佑の成長が、ますます楽しみです。


      ・・・立山(富山の名酒!?)に心も記憶も奪われた、山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

神様!

お疲れ様です。

今年は例年より肌寒い日が多く感じるのは気のせいでしょうか。
景気もいまだに回復する様子も無く、私のふところも底冷え状態です。
古来より日本人は「八百万(やおよろず=無限の意)の神」が存在する(全てのものに神が宿っている)との教えにより、大変物を大切にしたものです。「便所」にも「神様」が存在するのですから。
今こそ原点回帰です。物の豊かさ以上に心の豊かさをなんとか取り戻したいものです。


さて、本日御紹介しますのは正道富山・福野本部道場、分支部長の
畠山伸一(はたけやましんいち)初段です。

伸一

以前、当ブログの試験運行中に「只今」の題名で畠山先生を御紹介しましたが、改めて正式に御紹介します。
畠山先生は主に福野本部道場を指導されております。大変の情熱家で熱くなればなる程、早口になるのです!?若かれし頃は「マシンガントークの伸一」と仲間うちで呼ばれていたものです。
時には熱心な指導のあまり声が枯れる事や、更には肺に穴が空く(本当に大変です)事も!?全身全霊を注いで指導して下さっているのです。

そんな熱い畠山先生ですが、冷却効果の為、あるいは不景気の影響なのか、かなりオツムが寂しくなってきたような・・・。畠山先生の頭には神(髪)様は宿っていないのかな?潔く坊主にする事をお勧めします。

    
          ・・・「こっちにおいで!」言葉は噛み噛み!?坊主にヒゲの山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

「楽志」

お疲れ様です。

毎週土曜日は主に福野本部道場で強化稽古(組手の上達を特に意識した稽古をやります。上級者だけで無く、やる気のある門下生が積極的に集まっています)を行っておりますが、この日23日は月に一度行う、富山道場での強化稽古でした。
富山支部の門下生は勿論の事、県内各道場から多数の門下生が集まり、更なる向上を目指し汗を流しました。


本日は、この強化稽古に参加されたスコール新川道場の女性拳士、
岡本文子(おかもとふみこ)五級田中麻理(たなかまり)五級を御紹介します。
 
CIMG0186.jpg

文子さんと麻理さんは、以前当ブログにて御紹介(10/01/19大自然の力!)致しました松本竜司君と同じ、スコール新川道場の初期門下生です。
先ずは黄帯に向けて頑張って下さい。自分の努力が形となって評価された喜びを是非体感して欲しいと思います。決してお金では買えない達成感と、帯に対する誇りを得る事が出来るでしょう。

文子さんの住まいは魚津市、麻理さんは黒部市(黒四ダムで有名)です。
この日みんなで「富山支部から黒部市って、いったい何キロ?」という話になりました。偏狭の地!?である私の住まい、南砺市大鋸屋までは、なんと45キロもあったのです!黒部市とどっちが近いのでしょうか。

45キロと言えば、だいたいフルマラソンの距離(42.195キロ)です。この距離を自分の足で走るのですから、本当に脱帽です。
しかし、武道「正道空手」も精神修養としての道なのです。飽くなき強さを追求し、研鑽するからこそ肉体的、精神的に成長するのです。

福野本部道場には「楽志」(志を楽しむ)という言葉が掲げてあります。
皆さん、それぞれの「道」、そして「志」をどうぞ楽しんで下さい。「楽しみながら強くなる」それが正道空手なのです。


   ・・・ジョギング後の給水(いつもの!?)が堪りません、元陸上部の山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

祝!「空手の演武」成功

お疲れ様です。

20日(水)は大寒にも関わらず、気温の高い大変穏やかな日でありましが、翌日21日(木)は粉雪が舞い降りる大変寒い日となりました。
毎週木曜は福野本部道場の稽古日です。
県内の各支部の中で最も寒い道場なのですが、それに輪をかける様に木曜になると雪が降り、冷え込む日が多いのです。
神様はあえて試練を与えて下さっているのでしょうか。

さて本日は、一月九日(土)に行われました平成二十二年新年祝賀会、富山青年会議所「正副理事長・専務理事による空手の演武」の大成功を報告致します。

蒼々たる来賓の方々の御前で、正副理事長・専務理事の方々は、難関であった杉板、バット折、そして瓦割り、全ての試し割りを見事に成功され、大盛況のなか幕を閉じたのでした。(詳しくは10/1/7幕開け!をご覧下さい)
皆さんの想い、そして結束力を存分に示された最高の舞台でありました。本当におめでとうございます。

その大成功を祝して先日、謝恩会が行われました。
会場にはスクリーンが準備されており、祝賀会までの稽古風景、そして手に汗握る本番の映像が流され、これまでの過程が走馬燈の様に蘇ってきたのでした。

中川先生のお話に、スクリーン内で演武される方々も思わず着座で聞いておられます!
話


祝賀会当日のお話は興味深々でした。成功という結果を知っているだけに裏話はなおさら楽く盛り上がりました。
歓談


今だから言える「本音」!会場は笑いの渦に巻き込まれました。涙を出して笑ったのは久しぶりです。
あごが外れる


「演武を通じて厳しく辛い想いをすればする程、それを乗り越えた時に強い結束力が生まれる」と言われました。皆さんの想いが一つであったからこそ、見事!成し遂げる事が出来たのでしょう。
思い出


最も心配されていた藤井理事長の「手刀による瓦割り」も無事!?(割れた直後、相当痛そうにされていたので、骨が折れたと思った方も沢山いたとか・・・)成功されました。
そして中川先生と力強く、ガッチリ握手。これで心おきなく折れて下さい!
握手


楽しい時間はアッという間に過ぎるもの。宴もお開きとなり最後は集合写真を撮りました。
構えはもう慣れたものです。「チェストー!」村尾副理事長の手刀はお見事!!
演武をこなされました正副理事長、専務理事の方々、裏方に徹し支えて下さった方々、本当に成功おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。またこの御縁を作って頂いた中川先生、本当に有難う御座います。
チェストー


・・・皆様の晴れの舞台を通じて私自身、多くの事を学び、そして力を頂きました。
本当に感謝です。有難うございました。山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

時間よ止まれ!

お疲れ様です。

つい先頃まで「あけまして」の挨拶を交わしていたはずが、もう一月の半ばです。
以前にもお話した様に、若い頃と比べると本当に時間の経つのが早く感じるのは私だけでしょうか?


「時間の構造」について(仮説的ないし架空のものも含む)
現代人が通常考える時間やニュートン力学における時間は、無限の過去から無限の未来へ続く直線であり、これは数直線と同型である。また相対性理論においても一人の観測者が感じる時間、すなわちひとつの質点に固定された時計が計る時間(固有時)は、同様に数直線と同型である。だが他の構造の時間を考えることもできる。
・・・思わず冬眠します、山田より(オチにはまだ早すぎました!?)


さて、本日御紹介しますのは正道富山・小矢部支部道場
沼田空(ぬまだそら)二級と沼田明日美(ぬまだあすみ)四級です。
CIMG0085.jpg

沼田家は四人兄妹で長男の空、長女の明日美、そしてお父さんの稔君が正道空手を学んでいます。
お父さんの元気でハキハキとした姿を二人は受け継いでおり、身体は決して大きく無い二人ですが、それ以上に存在感を示しています。

昨年、空は型の部で大会に出場しました。団体の型(息を合わせなければならないので、団体型は大変に難しいです)で見事!優勝しました。そして現在、茶帯に向けてひき続き汗を流しています。
暗雲の如く立ちふさがる困難を振り払い、目標達成に向け邁進中です。

そして、ちょっぴり組手が怖い明日美ですが、実は私も同じです。怖いからこそ逃げずに立ち向かい汗を流します。本当の戦いの相手は自分なのです。
負けるな明日美!
先ずは自分の出来る事から。長所をドンドン伸ばし、少しずつ弱点を補っていけばよいのです。

そんな子供達をお父さんの稔君は、もっともっと遠くを見据えておられるのです。
「明日の空はきっと日本晴れ!!」


・・・「時間の構造」お酒を飲むと時間を忘れ、そして記憶が無くなります。(だから時間の経つのが早く感じるのか!?)山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク