『ほんごうこども園 正道会館空手授業』

お疲れ様です。
11月24月(木)。
魚津市に於いて、
『ほんごうこども園 正道会館空手授業』
が行われました。
先ずは皆でご挨拶。
正座もそうですが空手の所作、拳をついての挨拶もバッチリです👍

顔の前に手を交差させ、それを解きつつ手を下ろし大きな声で「押忍!」
「十字を切る」という空手の所作です。
何より元気良く行う事が大切です。

続いて突き技に対しての受け技もお勉強しました。
まさか⁉︎明日のジョーばりのクロスカウンターが😵

最後に集合写真を収めました。
皆んな良く頑張りましたね。

引き続き先生、そして親御さんの言う事をちゃんと聞いて、すくすくと育って下さいね。
お疲れ様でした。押忍…正道会館正天會
山田豊照

第19回北陸フルポイント空手道選手権大会

お疲れ様です。
11月20日(日)。
南砺市福光体育館に於いて
「第19回北陸フルポイント空手道選手権大会」
が開催されました。

正道会館正天會からも多数参戦し、
各々奮闘しました!
そして見事入賞を果たした選手をご紹介します。
⚫︎小学1・2年女子の部
優勝石坂珠音選手
⚫︎小学3・4年女子の部
第3位鈴木七愛選手
⚫︎小学2年男子の部
第3位黒田桜太郎選手
同じく西井惺太選手
⚫︎小学4年男子の部
準優勝松尾青昊選手

⚫︎小学5年男子の部
第3位鳴鹿冴響選手
⚫︎小学5・6年女子の部
準優勝石坂佳珠選手
おめでとうございます❗️

挑むからこそ得る悔しさ、そして喜び。
一歩前進ですね。
明日も稽古。
皆んなで頑張ろう!…正天會 山田より

第一回正道会館 瀬戸内杯空手道選手権大会

お疲れ様です。
11月6日。
兵庫県立武道館に於いて
「第1回正道会館 瀬戸内杯空手道選手権大会」
が開催されました。

正道会館 正天會からも選手が参戦し
●小学6年女子 中・上級の部
優勝     高山 桐選手
準優勝 石坂佳珠選手
●一般男子上級 軽量級の部
優勝 大橋瑞毅選手

記念すべき第一回大会!
見事入賞を果たしました。
おめでとう‼︎
明日も一歩、明後日も一歩…
「継続は力」
今後の成長と益々の活躍を期待しています!楽しみですね。
大会役員、並びに関係者の方々、お疲れ様でした。
そして有難う御座いました。押忍
…正道会館正天會 山田豊照

館長講習会

お疲れ様です。
10月30日。
昇級昇段審査後、少年部高学年と一般部を対象とした石井館長直々による
「館長講習会」
が行われました。

先ずは実践を想定し、間合いを意識した稽古を行いました。

前後の足運びだけで前蹴りを外す稽古、続いて攻防、そして突き技へと移行していきました。

顔面への突き技に対する間合いの詰め方を学びました。
「撃つ所が無くなり即撃たれる」
達人の技を体感させて致しました。

館長の御指導、そしてその動きに門下生一同釘付けでした。

各々が館長の御指導のもと空手を楽しんでいた様です。
「楽しみながら強くなる」
これが館長の正道空手です。

少年部高学年も同じ内容で稽古を行いました。

大会を目指す少年部道場生にピンポイントのアドバイスを頂きました。

中心を捉える攻撃。
館長の理論的な技術指導に一語一句漏らさぬ様聞き入る、門下生でありました。

最後に館長に御言葉を頂戴し
「館長講習会」は終了致しました。
アッと言う間の2時間半‼︎
夢中で空手道を学ばせて頂きました。

この日の体験を糧とし、明日へと繋げていきたいと思います。

お開き後の記念撮影。
館長と先生方、この日の講習会受講者にて。

館長と先生方、審査会受験者、並びに組手の相手をしてくれた上級者にて。

館長と先生方、昇段受験者、黒帯にて。

館長と先生方、黒帯にて。

館長と先生方にて。

館長、直々の御指導を頂き有難うございました。
門下生一同、館長の御指導を胸に引き続き正道空手を楽しみ、共に歩んで行く所存で御座います。
大変貴重な機会を設けて頂き恐縮です。 誠に有難う御座いました。押忍
…講習会に参加した門下生を代表致しまして、正道空手正天會 山田豊照

北信越昇級昇段審査会

お疲れ様です。
10月30日。
正道会館正天會、総本部道場に於いて
「北信越昇級昇段審査会」
が行われました。
志友塾(長野)から風間塾長を始め、審査受験者が遠路はるばる来県され、更には大変御多忙の折、石井館長が御臨席賜りました!
先ずは恒例の集合写真を撮りました。

一般部審査は大変有難い事に
館長直々に審査をして頂きました。
受験者は勿論、道場全体に緊張感がほとばしりました。

今回は色帯受験者の他、五名の昇段受験者が黒帯を目指し、此れまでの修行の成果を披露しました!
基本審査の模様です。

時には館長の御指導を頂く場面も。
入門当初、くり返しくり返し読んだ空手バイブル「勝つための空手」。
その冊子の動きが間近で見られるなんて‼︎本当に感動です。

時折二手に分かれ基本審査が進みました。

昇段受験者の基本
前蹴り100本!
全く誤魔化しは効きません。

そして組手審査へと続きました。

館長が指名される方同士が闘います。

時には当然連続組手も。

各帯に見合う内容で組手が進んでいきました。

驚愕の場面です!
組手前に館長が
「(右の選手)こんな風に闘うタイプだからこう闘ったらいいよ」
とアドバイスされ、
見事に間合いを潰し相手の長所を封じました。
勿論、館長が御存知無い二人の闘いです。
右側ミズキ君は審査受験者で無いので当日初の出番でした。
様子だけでどんなタイプか御分かりになられるのでしょうか…。

受験者各々、苦しい局面も有りました。

心技体、
内面の逞しさも重要な項目です。

更に体力審査へと続きました。

拳立て伏せの模様です。

館長の御指導は実に理論的でした。

一番体重が乗る高さ、節々を締められる撃ち方で拳立て伏せを行う様に御指導頂きました。

館長の御指導は正に実践そのものでした。

最後に館長より御言葉を頂戴し、無事一般部審査は終了しました。
同時進行で少年部昇級審査も行われました。

一本組手審査の模様です。

初々しい白帯受験者の様子です。
大人子供は違えど全ての道場生は白帯だったのです。
前途洋々!これからが楽しみです。

少年部審査も無事終了し挨拶後、改めて館長より御言葉を頂戴しました。
勝敗も大事ですが、目標に向かって努力する事が尊いとお話しして頂き、数々の目標を成し得られた館長だからこそ、重たく有難い御言葉でした。

審査後、更に今回の目玉
「館長講習会」
が行われました。
※それは別の見出しにて御紹介致します。
館長直々の審査会。
我々門下生にとって至福のひと時でした。
次回、正天會審査会は3月を予定して居ります。
目標に向かって共に頑張りましょう。押忍…正道会館正天會 山田豊照。
プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク