昇級審査会

お疲れ様です。
7月9日(日)。
総本部福野道場に於いて
「昇級審査会」が行われました。
ご父兄の方々にも参加して頂き、先ずは集合写真をパチリ!

姿勢を正して神前に対して礼。

そして黙想。
心を無にし、感情を整えます。

高木先生の開会の挨拶により、いよいよ
審査が始まりました。

基本の手技。
入門してから幾度と無く繰り返して来た技を披露。

基本の足技。
高く鋭く!
流した汗はウソをつきません。

一本組手審査の模様です。
決められた攻撃を受け、攻撃を返す。
算数の公式といった所でしょうか。

お手伝い、審査をして下さった一般上級帯の先生方です。
日曜日にも関わらず、受験者の為にご参加頂き有難うございました。

先生の話を真剣に聞く受験者。
皆んな大変行儀が良いですね!

ケガも無く審査会は無事終了しました。
締めも開始同様、神前にご挨拶。

そして黙想。

初めは皆んな白帯でした。
成功は勿論、失敗も経験。
継続するからこそ成長が有ります。
次回の審査会は10月29日(日)。
石井館長がお越しになる予定です!
引き続き仲間と共に良い汗を流しましょう。押忍
--------------------------------------------------------
正天會では只今入会金半額キャンペーン中!無料体験も随時受け付けて居ます。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.seido-toyama.com/

【立山杯第十五回北信越空手道選手権大会】のご案内

お疲れ様です。
7月11日(火)
本日、正天會ホームページを
【立山杯第十五回北信越空手道選手権大会】
の案内の告知、関係書類をダウンロード出来る様に更新致しましたので、報告致します。
ホームページ案内文です↓
--------------------------------------------------------
【立山杯第十五回北信越空手道選手権大会】
押忍、御世話に為って居ります。
さて、今年で開催十五年となります標記の大会ですが、今回は地場伝統産業との融合に観点を置き、入賞者のトロフィーを特製メダルに変更しました。
製作は、富山県の地場産業であり400年の伝統を誇る、高岡銅器(全国生産額の9割5分を占める)の職人さんによる手作りで、真鍮製の特注品です。
また、リオ五輪メダルが直径8cmと聞いた職人さんが『では、正天會メダルはもっと大きくしましょう』と言われ、直径10cmの大きなメダルとなり、本物の鋳物が醸し出す重厚感がずっしりと感じられます。
何よりも、入賞された選手に取って掛け替えのない人生の思い出の一頁になれば、と願って居ります。
今大会も是非、諸団体各流派の方々には万端の御参加を賜わり度、伏してお願い申し上げます。
各書類一式を添付しますので、選手個人でもダウンロード出来ますが、必ず所属道場の先生の許可を頂き、道場単位で纏めて先生が送付して下さいます様、お願い致します。
※個人での発送は、絶対にお止め下さい。
それでは、奮っての御参加を心よりお待ちして居ります。押忍
国際正道-空手連盟
正道会館 正天會
立山杯北信越空手道選手権大会実行委員会
--------------------------------------------------------
時が進んでも変わらない物…空手道の精神もその一つだと思います。
富山の象徴
「立山」
の頂を目指すが如く、是非一歩踏み出し挑戦して下さい。重ねて奮ってのご参加をお待ちして居ります。押忍
プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク