一寸の虫にも五分の魂!

お疲れ様です。

明日4月24日、大阪市中央体育館メインアリーナに於いて、正道会館が主催する「第12回オープントーナメント全日本ジュニア空手道選手権大会」が開催されます。

我ら正道富山からは、小学四年生・女子の部に石黒沙良選手、小学三年生・女子の部に中川雅子選手の両名が出場します。彼女達の活躍を御期待下さい!



本日御紹介しますのは、正道富山・婦中支部道場の年長三人組!(左より)
吉平拓未(よしひらたくみ)、恒田優(つねだゆう)、北西大哉(きたにしだいや)です。
婦中3人組
年中だけに決して大きい体ではありませんが、この勇ましい構え、そして眼力をぜひ御覧下さい!

「一寸の虫にも五分の魂」

一寸の虫(一寸は約3.03センチ、五分はその半分)にもその体の半分にも相当するような魂があるように、どんなに小さく力が弱い者にもそれなりの意地や思いというものがあり、それらを軽視したり無視したりしてはならない、という戒めです。


みんなは無限の可能性を秘めた、まさにダイヤの原石です!
正道空手道を通じ「人に優しく、自分に厳しく」を身上として、未来(あす)を己の力できり拓く事の出来る、逞しい強い心をどうぞ磨いていって欲しいと願います。


さて、年長3人組のみんな!誰が先に昇級出来るのかな?
流した汗は決して嘘をつきません、目標をもって前進あるのみ!橙帯を目指し来週も頑張ろうね。



・・・本日の拓未は気分が乗らず、稽古前から大泣き!次回の稽古は涙で無く、ぜひ汗を!山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク