スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り目、正す!

お疲れ様です。

本日27日、木曜日は例の如く、しとしと小雨が降る肌寒い日でした。(木曜日は天候が悪く、気温が極端に低い日が本当に多いです)
そして稽古を終え、自宅に戻るとファンヒーターが復活していました。
ロス・インディオス&シルビアの名曲の様に「別れても~好きな人~!」ヒーターに対し、そんな気分の私です。

さて本日は正道富山・小矢部支部道場の高田昂大(たかたこうだい)、真菜(まな)の兄妹を御紹介します。
高田兄妹

昂大、真菜は特別な事情が無い限り、休む事無く稽古に参加している、頑張り屋の二人です。

入会当初は、声も小さく大人しい印象の二人でした。稽古を重ねるにつれ、先ず兄の昂大が奮起し帯の色を変えていったのです。それに倣って、妹の真菜も上達していきました。今では入会時と比較にならない位、二人は大きな声で挨拶をし、そして稽古に励んでいます。

そして、いつも二人の道着は純白であり、折り目がキッチリ(アイロンがけによる)しています。入会時から現在まで、欠かされた事は一度もありません。本当に御家族の方々の愛情がひしひしと伝わってくるのです。本当に感謝ですね。

昨今、モンスターペアレント等と呼ばれる、自己中心的で理不尽な要求をする親が増幅している中で、時には厳しく(いかなる時も稽古に参加させる叱咤する想い)、時には優しく(子供、指導者共に信頼して頂、見守って下さる寛大な心)される昂大、真菜の親御さんに対し、日本人らしい情緒豊かな愛情を本当に強く感じるのです。私も三人息子の親として、是非こう在りたいと思うのです。

昂大、真菜は、空手着のように襟を正してこれからもきっと、真っ直ぐに成長していく事でしょう。
御家族に対する感謝の気持ちを決して忘れず、これからも頑張ろうね!


     ・・・むかし、日産のシルビア(車)に乗っていました。(雪道よくハマッタな・・)思い出一杯、ビールは何杯?山田より










テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。