照らす、そして照れる?

お疲れ様です。

昨晩(22日)は本当に綺麗な満月でした。
しかし今夜は一変して空一面雲に覆われ、まさに真っ暗闇。
私事ですが、明日(24日)は市で企画した「公民館祭り」という催しで獅子舞を披露致します。
市の代表として踊る晴れ舞台です!只々、晴れてくれる事を祈るのみです。


さて本日は正道富山・コムズ道場の高田啓司(たかたけいじ)四級を御紹介します。
照れ屋さんの啓司!

啓司はちょっぴり恥ずかしがりの照れ屋さんです。
入会当初の彼は、気分を損ねると返事も出来なくなる様な子でした。

しかし、黄帯を目指し始めた頃!突然、彼は変わったのです。
それは「やらされている稽古」から、目標に向かい進んで「やる稽古」になったからでした。


そんな中、本年度の正道富山夏合宿でお母さんとお話する機会があり、啓司には強く、そして逞しく育って欲しい思いを聞かせて頂きました。
この頃から・・・!

「親思う心に勝る親心」
維新の志士、吉田松陰先生の言葉ですが、子が親を思う気持よりも、子を思いやる親の気持ちの方がはるかに強くそして深いという意味です。
その思いを込めて、時には叱り、時には励ます。
親御さんの「叱咤激励」無くして(昨今厳しい優しさが欠落している様な・・)、逞しい子は絶対に育ちません。


黄帯を無事取得した啓司は、お母さんの想いがきっと届いたのでしょう。
最近では本当に見違える様に稽古に励んでいます。入会時の彼を知る私などは、蹴り技で凄く足が上がる様になり、本当にビックリ!そしてその成長に感動しています!

ヤル気という光が差し始めた啓司の成長が本当に楽しみです。(カメラを向けると照れて、恥ずかしがる姿は今も健在!?そんなところも大好きです!)


・・・実は私も照れ屋!豊かに照れ!?そして咬んで(言葉を)しまう山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク