スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平成25年7月度 昇級審査会」

お疲れ様です。

7月7日(日)。
福野本部道場にて富山県本部の昇級審査会が行われました。

前日の天気予報によると7日の最高気温は35℃の猛暑日でしたが、当日は朝方に雨が降ったお陰で予報ほど気温は上がりませんでした。
それでも雨が上がると気温がどんどん上昇し、受験者にとって大変厳しい審査会となりました。


そんな中、先ずは集合写真です。
H25,7集合写真


そして注意事項を確認し、いよいよ審査が始まりました。
H25,7注意事項


基本審査の模様です。
受験者は暑さを吹き飛ばす程の気合で突き、蹴りを繰り出しました。
H25,7基本審査


続いて型審査の模様です。
2~3名の受験者が一般部黒帯の審査員、そして親御さんの前で型を発表しますので、かなり緊張するはずです。
その中で自分をどう表現出来るのか。日頃の鍛錬が問われます。
H25,7型審査


一般部による一本組手審査の模様です。
正道空手らしい捌きを使った審査項目です。(相手の攻撃を受けて崩し、掴んで打撃を加え倒します)
H25,7一般部一本組手審査


組手審査の模様です。
いつもと違う仲間や環境での組手は緊張し、より恐怖を覚える事でしょう。
そんな自分に打ち勝つべく闘いを挑む受験者達。闘う相手は実は自分なのかも知れません。
H25,7少年部組手


最後に体力審査(拳立て伏せ、跳躍屈伸)を行い、受験者は残っている全てをぶつけやり抜きました。
そのひたむきな姿に、審査をする私も物凄く感動しました、有難う!


終わりに中川先生が
「休みにも関わらずお手伝いをして下さった方々、そして最後まで見守って下さった御父兄の方々への感謝の気持ちを忘れてはならない」
とおっしゃいました。

私も含め、いろんな方に支えられている事を決して忘れず、だからこそ少しでも社会に貢献出来る様な人間に成長せねばと強く思ったのでした。


この暑かった審査会。皆よく頑張りました。
この審査会を経て、皆が更に成長してくれる事を大いに期待して居ります。



・・・富山県本部にご来場された皆様方、暑い中本当にお疲れ様でした。副支部長 山田豊照

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。