人肌恋しい季節!

 お疲れ様です。

 早いもので10月も半ばを過ぎ、朝夕がめっきり冷え込んでまいりました。
こんな時期こそ日本酒はいかがでしょうか?熱燗でグッと心底暖めたいところです。

 ところで「熱燗」とは一体何度なのでしょうか?

・日向燗(ひなたかん)30度付近 ・人肌燗(ひとはだかん)35度付近 ・ぬる燗、40度付近 
・上燗(じょうかん)45度付近 ・熱燗(あつかん)50度付近 ・飛びきり熱燗55度付近 等

更に冷やでは
・雪冷え5度付近 ・花冷え10度付近 ・涼冷え15度付近 

日本酒の温度だけでもこんなに呼び名があるそうです!なんて情緒豊かでなんでしょう。
お酒に負けず、私達も年末に向けて粋で楽しくお酒を飲みたいものです。


さて、本日は正道富山・富山支部道場の萩原三兄妹を御紹介します。

萩原三兄妹
 先ず左側は、長男 萩原健斗(はぎはらけんと)初段です。
健斗は本当に憎めない存在で、何をやっても笑いに結びつく愛すべき存在です。しかし稽古が始まるとそんな素振りは全くありません。切り替えが出来る精神力も黒帯ならではでしょう。

 そして右側は、次男 慈瑛(じえい)1級です。
慈瑛はいつもニコニコ。優しくて可愛いお兄ちゃんです。しかし、帯をキュッと締めると戦う男へと変わるのです。入会当初は、組手で何度も悔し涙を流しました。その涙の分だけ今は強く、たくましく育ったのです!

 最後に真ん中、長女の伶音(れね)5級です。
画像を御覧下さい!堪えてのも、堪えきれない、とびきりの笑顔!兄妹愛が溢れています。道場の緊張感など全く関係ありません!肝っ玉は兄貴以上かも!?(でも、話は聞いてね)
伶音は兄貴達の背中を見ながらすくすくと育っているのです。

彼等は道場に於いて、兄妹を頼る事、そして兄妹に甘える事は一切ありません。三人がそれぞれの目標に向かって頑張っています。先ず、長男の健斗が実践しているからこそ、兄妹も連いていくのでしょう。


本日は、日本酒もじんわり温まる様な兄弟愛の萩原三兄妹でした。

                                   ・・・冷酒が肌にしみる山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク