母さんが~夜なべをして~!

 お疲れ様です。

 先日、久しぶりに仕事のかたわらミットを補修する時間が取れました。

 画像の様に糸が切れて大きく開いてしまっているのですが、正道富山16年の歴史と共に歩んできた大事な物です。みんなが更なる強さを追い求めひたすら叩き、そして蹴り込んだ、それぞれの思いが詰まったミットなのです。ですから、そう簡単に捨てる訳にはいきません。
 
ミット直し

 と言いつつも、全く裁縫が出来なかった私でしたが、門下生の方に教わって(道場では生の声で様々な情報交換が出来るのです。本当に貴重な空間だと思います。)、なんとかミットを縫える様になりました。
 黒ミットは下手な裁縫でも縫い目が目立たないので安心です。しかし黄色ミットだと・・・皆さんミット稽古に専念しましょう!



 下の画像は補修完了間際の様子です。あまりの堅さに針が負け、曲がってしまいました。

ミット直し後

 そういえば「針供養」をしている神社があるそうです。
針供養は、日頃使っている針をおそなえし、この日だけはその針を休めて感謝の気持ちを表し、縫裁の上達を祈ります。そして、痛んだ針を供養し感謝の祈りを捧げるそうです。

 私の針は曲がってしまい、糸を通す事が出来なくなりました。しかし、そのお陰でミットは再び使える様になりました。

 古来より、こんな小さな針でさえ感謝の気持ちを忘れず、そして供養をしておられたのです。
 なんて日本人は奥ゆかしいのでしょう!この素敵な心を絶やさぬ様、みんなで受け継いでいきたいものです。

                               日本人に生まれて来て良かった!山田より

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

プロフィール

支部長代行、山田です。

Author:支部長代行、山田です。
「行雲流水」 
空を行く雲の如く
川を流るる水の如し。

その日の出来事を「行雲流水」の如く、自然体で記事にしていきます。

是非ご覧下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク